2008年04月28日

4号機と5号機の違いについて

現在、ホールは全て5号機が設置されています。
しかし、打ちに来る人は未だに4号機感覚で打ちにくる人がいます。

4号機と5号機では基本となるものが違います!

そこで知っておくべきことが「4号機と5号機の違い」です。
これを知れば、5号機への対応の仕方が見えてきますので、必ず理解しておいて下さい。「理解したつもり」ではダメです。「必ず」です。

4号機の頭のまま5号機を打てば必ず負けます!
難しいことを覚える必要はありません。概略だけ知っていれば十分です。ですので、ここでは基本的なことだけ説明します。

4号機は別名「ストック機」と言われています。
5号機はこれに対して「完全確立機」と言います。

ストック機(4号機)とは、設定で決められたボーナス確立でビッグ&レギュラーボーナスを内部的にストックしていき、ある時点でストックした分の一部を放出するという仕組みになっています。

放出するボーナス放出ゲーム数やボーナス個数は機種によって異なりますので今回は割愛しますが、一般的には単独ボーナスと連荘ボーナスがあります。

単独ボーナスとは、その言葉通り、その時限り1回のボーナス放出です。
連荘ボーナスとは、数回の連続ボーナスです。

この連荘ボーナスこそが4号機の特徴で、ストックしたボーナスを一気に複数個放出するため、一撃数千枚なんてことが起こるのです。理論的には128ゲーム以内の連荘放出ですが、32ゲーム以内の連荘も度々起きます。

しかし、この連荘がくせ者で、高設定の台はこの挙動が起き易いのでうすが、ある一定の条件が重なると、低設定の台でも起きることがあります。
これを聞いただけでは、とても美味しい機種のように感じますが、逆もあるんです。高設定にも関わらず単独ボーナスばかりの場合もあるんです。

最初の放出ゲーム数が500ゲーム目だった場合、5連荘すれば十分にプラスになりますが、単独の場合は負けです。これが連続した時は・・・
前者は10万勝ち、後者は10万負けなんてことになります。
しかも双方、同設定でも起きるからタチが悪い・・・

これが「安定しない」最大の原因です。
4号機にはこれが頻繁に起きます。
つまり大勝ちもあれば大負けもあるんです!


これに対し完全確立機(5号機)とは、設定で決められたボーナス確立に忠実にビッグ&レギュラーボーナスを排出する仕組みになっています。

簡単に例えるならば、サイコロを振ったときと同じですね。
サイコロを振った場合、「1」の出る確率は1/6ですね。
これは何度振っても変わることはありません。

理論的には6回サイコロを振れば1回「1」が出るということですが、実際は連続して出る場合もありますし、10回振ってから出る場合もあります。

これと同じことが完全確立機の中では起きているわけです。
1ゲーム回す度に1回づつ内部でボーナス抽選をしています。
これに基づいて、ボーナスが忠実に排出されます。

ですから、早いボーナス数で連荘してボーナス当選する場合もありますし、ある程度はまってからボーナス当選する場合もあります。

この機種には4号機のようにボーナスをストックするという概念がありませんので、連荘しても、それは全て偶然です。
サイコロと同じで、当選ゲーム数にどうしても片寄りが出てしまうため、いかにも連荘しているかのように感じるだけです。

一般的に高設定の台は、この挙動が比較的出易く、200ゲーム程度までにボーナス当選することが続いては、ある程度落ち込んで、またある程度ボーナス当選するという挙動を繰り返します。

低設定の場合は、上記の落ち込みの部分が起き易いといった感じでしょうか?

結局「出る台は出る」「出ない台は出ない」がはっきりしていると言えます。つまり設定を見抜く目さえ持っていれば誰でも出すことができるのです。

つまり5号機は、設定に忠実で安定していると言えるのです。

大勝ちは期待薄でも、常勝は狙っていけるということです!


↓管理人のモチベーション維持のために是非1クリックを!
banner_01.gif

posted by ケンシロウ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | パチスロ5号機必勝法! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。